遠野遥「破局」 「安全ピン」が、被害者が痴漢から身を守るための道具であることから、自己防衛のシンボルとだとも捉えられる。妄想が膨らみ続け、最後にパチンと針でさされたような話だった。